Function
住宅性能

カッコよさが優先の時代だと言われます。

『カッコよさ』住宅を考えるうえで大切なポイントですよね。

しかし、それと同じくらい大切なのが、住宅の性能です。
見た目だけでなく、住み心地を比較することなく家を買ってはいけない時代。
それくらい性能差が大きい時代と言えます。

そして、住宅の性能をお話するときに、よくビックリされるのが、
「雨風さえしのげれば良かった江戸時代からまだ100年しか経っていません」ということ。

今でこそ、断熱だ耐震だと性能が重要視されていますが、
およそ百年前の江戸時代末期では、庶民が家を持つなど夢のまた夢、殆どは大家さんから借家を借りていました。

そんな時代からわずか百年で
大きな地震にも耐えられ、冬も暖かく住める家が建てられるようになりましたが、ここで重要なのは、
一口に「地震に耐えられる」とか、「温かく住める」とか、同じ表現なら同じ性能だと思ったら大間違い、
性能には大きな差があると言うことです。

車を買うときに燃費や馬力など自動車性能を比べる人は多いと思いますが、
多くの住宅は残念ながらまだそのレベルに達していません。

家を検討するとき、
同じ「丈夫です」と言っていても、大きな地震で倒壊する恐れがある家もあるでしょうし、
同じ「省エネです」と言っていても、十分な暖房をすると暖房費がかさむ家もあります。

弊社で建てる建てないは別にして、
「建ててから失敗した~」、「冬寒いどうしよう~」といった失敗がなるべく無くなりますよう
正直にご理解頂けるまでお話させて頂いております。

耐震対策も安心の家づくり

耐震は建物の丈夫さだけでは完結しません。
大切なのは、建物と土地と、「住む人の意識」です。

地震に対する最新の考え方を匠建と共有しましょう。

詳細はこちら

温熱性能と省エネ性能

「暖かい家です」とどんな住宅会社もいいますが、
暖かさとは感覚ではなく、熱エネルギーという簡単に数値化と検証が出来るものです。

うたい文句ではなく、既に建てられた家の数値で本物を見つけましょう。

詳細はこちら