資金計画・保険のご相談

 

理想の注文住宅を手に入れるための資金計画

資金計画のポイント

注文住宅購入には、現金か住宅ローンを借りるかの2種類です。
まず現金でお支払いの方がごくまれにいらっしゃいますが、
近年の低金利時代では、たとえ現金で支払えても住宅ローンを借りることを強くお勧めします。

殆どの方が住宅ローンをお借りになりますが、日本には金融機関の数の10倍くらい住宅ローンの種類があり、金利の利率やその種類、返済の仕方などで選びながらお客様にとって一番有利な住宅ローンを選んでおススメしています。

基本的に大切な無理のない返済を検討するうえで基本となる知識は以下の3ポイント。

1.、宅ローン金利や不動産価格の動向
2、住宅建設に関する税制、優遇措置、補助金
3、家計と将来設計を考えた最善の返済計画

  • 1.住宅ローン金利や不動産価格の動向
  • 2.住宅建設に関する税制、優遇措置、補助金
  • 3.家計と将来設計を考えた最善の返済計画

1.住宅ローン金利や不動産価格の動向

国内の景気や為替相場などに大きく左右されるのが住宅ローンの金利。と言われますが、

本当は、
固定金利は、国債の市場価格と連動
変動金利は、国内景気【政策金利(翌日物無担保コールレート)】と連動

しかしこのことを理解している金融マンが非常に少ないので、銀行に相談する皆さんが混乱することになっています。

できるだけ低金利で融資が受けられるよう、匠建では借り換えのタイミングなどについても専門のプランナーが的確にアドバイスさせていただきます。

2.住宅建設に関する税制、優遇措置、補助金

長期優良住宅や認定低炭素住宅などを導入した住宅には、減税をはじめとする様々な優遇措置を受けることが出来ます。

また住宅のゼロエネルギー化や地域材の使用、長期優良住宅などの諸条件を満たすことで100万円を超える補助金を得ることが出来ます。

3.家計と将来設計を考えた最善の返済計画

住宅ローンの返済計画を立てる場合は、長期的な視点で考える必要があります。
株式会社匠建では、お客様の家計の状況や将来設計をご一緒に考えさせていただいたうえで最善の返済計画をご提案いたします。

「いくら借りられるか」よりも「いくら返済していくことが家計にとって無理がないか」を専門のスタッフがお答えいたします。

内容

人生最大の買い物といわれるマイホームの購入では、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。

借入額も大きく、何十年という長期での返済となるだけに、
ローン商品の選び方、返済の仕方は慎重に検討する必要があります。

人生においての三大支出といわれるものに「住居費」、「教育費」、「老後費」の三つがあります。
家計や将来設計においてこれらのバランス考えた無理のない返済計画を立てることが大切です。

家づくりにかかる期間は数か月であっても、返済には何十年という月日がかかります。

株式会社 匠建ではマイホーム建設に関する資金計画について
基本的な考えや知識を専門のスタッフが無料で提案、お手伝いをさせていただきます。