床で換気するから
ニオイも気にならない

 

その④
【床で換気するから臭いも気にならない】

空気をデザインするという発想。

人間は1日に約20㎏の空気を呼吸しています。
だからこそ、きちんと換気をして新鮮な空気を供給できるということは、
ご家族の健康を保つ意味においてその役割はとても大きいと私たちは考えます。

『smilasのいえ』では24時間セントラル換気システム『DSDD』を標準仕様としています。
高気密住宅に搭載されたDSDDは地中熱を利用できるほか、花粉もろ過する20ミクロンの高性能フィルターを搭載しています。
また、地中で得た熱エネルギーをさらに熱交換を行い、換気による熱のロスを最小限に抑えることがきます。

空間だけでなく、空気のクオリティにもこだわって住まいをデザインすること。
家族が末永く健康的に暮らせる住まいこそが、私たちが考える理想の住まいです。

汚れた空気は
床に溜まる

毎日掃除をしていて気づくこと。
ホコリは天井付近にありますか?それとも床面ですか?

そう、ほとんどのホコリは床面に落ちています。
それはホコリなどの浮遊物は空気より重いから。
空気より重いものは時間をかけて必ず沈下します。

シックハウス症候群やアレルギーを引き起こすハウスダストも空気より重いため、床面付近に溜まりやすいという特徴を持っています。つまり床面付近こそ家の中で一番汚れた空気が溜まっているということに言い換える事ができます。

だから
床面から排気する

匠建では床面から排気を行う
24時間セントラル換気システム【DSDD】を標準仕様としています。

床面に設置した集中排気グリルから汚れた空気を効果的に排出し、家の中をクリーンな状態に保ちます。

美濃加茂の匠建の換気システム図