Reviews&Blogs

美濃加茂市は霜が降りました

今日(2019年12月13日)はここ美濃加茂市は霜が降りました

今年の冬は暖かいなぁと個人的に思っていましたが、
なんだかんだでやはり「冬」なので寒いものは寒いです(笑)

美濃加茂市の最低気温は3度でした
「霜って氷点下じゃなくてもできるの?」と思われるかと思います
そもそも霜は氷なのかなんなのかも気になりますね
そういうことで霜が降りる条件を調べてみました

気温は4度以下であることが条件なのだそうです
水蒸気が氷になるのだから、気温は氷点下(0度以下)じゃないのに?

水蒸気が霜となるにはは0度以下なのですが、
私たちが天気予報で目にする「気温」は、地上から150cmあたりを測定したものです
顔のあたりが4度以下なら、足元は0度以下の可能性が高いということなのだそうです

次に、風と雲がないこと。「月夜の大霜」という言葉をご存じでしょうか? 美しい月夜の翌朝は、霜が降りているということわざです。月がキレイに見える夜、それは風と雲がないということですね
そして2019年12月12日は令和元年最後の満月でした
実は満月には月ごとに名前がついているそうで、12月は「コールドムーン」と呼ばれています
ですから昨日の夜はぐっと冷えたのでしょう

地面は夜になると、日中にためこんだ太陽の熱を外へ逃がします
これは「放射冷却」とよばれています
「晴れているのに、ずいぶん冷え込んでいるなあ」なんて朝は、前の晩に放射冷却が起こったということです

「気温が4度以下で、風と雲がない夜に霜が降りる」
私も一つ学びが増えました

そして恒例の「スマイラスのいえ温度チェック」です(笑)
今日の我が家もすこぶる快適です

撮影した時間は午前9時
室温23.9℃、相対湿度50%です
もちろん家の中は6畳用の壁掛けエアコン1台で
どの部屋も心地よい暖かさと湿度に包まれていました
私はこの家に住みだしてから、寝るときの格好は
「半袖Tシャツとハーフパンツ」のスタイルを崩したことがありません(笑)
また、布団もニ〇リで購入したペラペラの安布団です(笑)
当然、毛布もありません

どんなに外が寒かろうが暑かろうが家の中は本当に快適です

これからが当社のsmilasのいえの本領を発揮する季節です
ぜひ、「本物の」高気密・高断熱住宅にご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください

きっと、、、
いえ、必ずお客様のご期待以上のものを提供させていただく自信が私たちにはあります

関連記事一覧

【無料】家づくりまるわかりセット

美濃加茂で新築、注文住宅を建てるなら匠建

資料請求はこちらから

※お問合せ前にprivacy-policyをご確認下さい

下記から選択してください