Reviews&Blogs

住んで驚く快適さと低燃費

この時期にしては暑さを感じる日々が続いております
日中の日差しの強さがより一層 暑さを感じますね

先週末 無事に上棟を終えた平屋の岐阜市I様邸では 屋根工事を実施し しばらく雨が続く予報でもこれでひと安心です

来週まで晴天がなさそうな天気予報ですが 最高気温は30℃を越えるようです
決して我慢せず 家の中を快適にするために積極的に冷房をする事を強くお勧めします
実は熱中症の多くは住んでいる家の中でも起きるのです
それは我慢する事が美徳であると長年培ってきた 日本人特有の精神構造によって起こりうる現象の一つです

この時期になると省エネのために冷房の設定温度を28℃に という事を耳にします
オフィスなどが代表的な例でしょうか
冬場は20℃での暖房とも言われていますが それは決して快適な温熱環境とは言い難い事実です
はたしてこの時期に 28℃の中で快適に黙々と仕事に集中できるでしょうか?
それが住宅の場合 起床から就寝まで不快に思わない温熱環境でしょうか?
冷房を28℃ 暖房を20℃と推奨するのは その建物が熱が逃げてしまう構造であるがゆえに 電力会社への支払いを減らすべくやむなく謳っているように思います

「スマイラスのいえ」は 想像を超えるほど熱が逃げにくい構造となっており この時期だけでなく一年中常に26℃ほどを保ちながら実に快適に暮らせる数少ない家です
もちろん そんな温熱環境でも全く電気料金に怯える事はありません
仮に推奨とされている28℃で冷房している家と比べても 電気料金は驚くほど安いです

先日 「スマイラスのいえ」に実際に住んでいらっしゃる方が
「今の家が快適すぎて 他所の家に入るとその違いが本当によくわかる」
とおっしゃっていました

この時期だからこそ違いがわかる「スマイラスのいえ」
美濃加茂市にあるモデルハウスは いつでもご覧いただけます
ぜひその違いを体感してみてください

関連記事一覧

【無料】家づくりまるわかりセット

美濃加茂で新築、注文住宅を建てるなら匠建

資料請求はこちらから

※お問合せ前にprivacy-policyをご確認下さい

下記から選択してください