Reviews&Blogs

日本の家づくりの現実(前回の続き)

美濃加茂市スマイラスのいえ

「家の中」が寒いのは当たり前??

朝晩がだいぶ冷え込んできましたね

秋というより一気に冬が来たような感じがしちゃいます💦

皆さんの「家の中」は寒くないですか??

築25年のいわゆる「普通の家」の有本家は寒いです

長袖のパジャマと毛布はもうすでに大活躍しています

朝寒くて布団から出たくない……

そんな季節が今年もやってきた…そんな感じです

日本では我が家の様な暮らし方をしている方がほとんどだと思います

それが最近家を建てた人でも!!!

「これが当たり前でこれ以外なんてない!」と常識になってしまっている日本の現実

でもこれって当たり前じゃないんですよ!!

スマイラスのいえでは1年中「家の中が寒い」なんて事とは無縁の生活!

1年中半袖で夏布団で過ごせます!

しかも電気代などの光熱費も気にせず!!!

こんな暮らし方があるなんて私は驚きでした!!!

美濃加茂市スマイラスのいえ

冬でも毛布や羽毛布団は必要ありません!

そして家の中の寒さはただ寒いだけじゃなく

自分や大切な家族の健康や寿命を脅かすとても危険なことなんです!

家を建てたらどんな生活が送りたいですか??

新しく家を建てるなら「普通の家」の寒い生活が理想なんて人はほとんどいないと思います

できたら快適な生活が送りたいですよね!

日本で家を建てるなら

「普通の家」とそうでない家との「見極めの目」が絶対に必要です!

前回ブログの続き

前回長くなってしまいそうだからと途中で終わってしまったブログの続きです!

前回ブログはこちら↓

前回ブログ

「寒い家は危険!」というお話をさせていただきました!

先進国である日本の「断熱性能」が世界では最低ランクであるという驚きの事実w

だから日本の家のほとんどが当たり前の様に寒いんですね!納得www

寒いのを我慢して生活してしまう日本人の習慣

日本で一番寒い所であろう北海道のほとんどの家が

スマイラスのいえでの生活の様に

冬でも家の中で半袖で暮らしているって知っていますか??

北海道ですよ?!?!

そしてコタツの所有率がとても低いんです!

これはなぜだか分かりますか??

暖房をケチらずずっとつけているから!

どの家もスマイラスのいえの様な高性能住宅ではないですが

冬は暖房を切らない 

という生活が当たり前なんです!

しっかりと「暖房」されているから半袖で過ごせるんです!

だから「採暖」のコタツが必要ないんです!!

採暖と暖房の違いについてはこちらをご覧ください!

めっちゃわかりやすく説明しています!↓

採暖と暖房の違い

「採暖」ではなく「暖房」する必要性とは

前回ブログで寒い家がアレルギーやアトピーの原因にもなるとお話しました

寒い家のアレルギーの影響

暖かい家に住むだけで病院に通ったりして薬などもで治らなかった疾患などの症状が回復したというデータです

これは家の中での生活で呼吸によって肺に取り込まれる「空気」が変わったから回復したという事です

そして冬は特にその「空気」の「温度」が重要なんです!

だから「採暖」ではなく「暖房」が必要なんです!

床暖房やホットカーペット、コタツは暖かいですよね!

でもこれらは「採暖」です

空気は暖めていません!なので採暖では肺に取り込む空気は冷たい空気になってしまいます

寒い家のアレルギーへの影響

肺を冷やさないことがアレルギー疾患や免疫機能に大きく関わってきます

イギリスの保健省が室内温度について発表したものです

室温が低いとどんなリスクがあるのかが分かります

採暖と暖房の違い

イギリスなどヨーロッパ諸国の家は日本よりもはるかに厳しく高い性能の住宅基準なんです!

家の中が寒い事がどれだけ健康に影響するのかという事をしっかりと国が取り締まっているのです!

「温暖な室温は人権である」という考えのもと住宅基準が定められているのです!

しっかりとした断熱性能(UA値)や気密性能(C値)が定められているのはもちろん

住宅の室温が20℃以下になってしまう場合はその家を建てた会社は

「閉鎖命令」

「改築命令」

「取り壊し命令」

が国から言い渡されます

「命を守るための家づくり」を国がしっかりと管理してくれているのです

この基準が日本に当てはめられたら8~9割の家が何らかの命令を受けるでしょうね

健康や人の命を大切にした家づくりができる工務店は日本にはほとんどないのが現状なんです

スマイラスのいえならいつこの基準になっても大丈夫ですけどね♪

日本の住宅の現実

ヨーロッパをはじめ他の先進国の住宅は

「健康」という観点から住宅の性能基準が定められているのです

でも日本はというと住宅に関しては全くの無法地帯なんです!!!

まさか日本が?!と私は思いました💦

でもこれが現実です

だからこうなってしまう家が今でも建てられ続けているのです↓

美濃加茂市寒い家の外壁

外壁がこうなっている家をほんっっっっとによく見かける!!

最近気づきましたが有本家の家の前に5年くらい前に建てられた家の外壁ももうすでにこうなってました!

その家を建てたのはローコストを売りにしている会社じゃないです

地元の某工務店です(どこが建てたのかを知ってるだけに複雑な気持ちw)

毎回言っていますがこの外壁は中の断熱材が結露して外壁にコケが生えてしまっているものです

断熱性能や気密性能を全く無視している証拠といえると思います

写真の家は私の友人が購入したローコスト住宅を売りにしている某ハウスメーカーの建売住宅ですが

きっと断熱性能(UA値)や気密性能(C値)についての数値での提示はなかったんじゃないかなと思います

測ってもないんじゃないのかなと思いますww

だってとんでもない数値になるのは確実……

友人は住宅性能について全く無知で数値については提示されたかどうかわからないと言ってましたが

実際ほとんどの人がそうだと思います

私もこの仕事に就いてなかったらC値だのUA値だの絶対知らなかったことです

家なんてどこで建ててもそんなに違いはないもんだと思ってました

スマイラスのいえでは

UA値は平均0.4以下

C値は0.3以下をお約束!最近は0.1台がほとんどです!

どちらの数値も数値が小さいほど熱を逃しにくくすき間のない家ということです

これから家づくりをお考えの方は必ず

これらの数値をしっかりと提示してくれる工務店やハウスメーカーを選びましょう!!

スマイラスのいえと数値を比較してみてください!

この数値より良い所をオススメしますがほとんど無いと思います…😅w

なんで取り締まらないのかが不思議

「寒い家」は病気やヒートショックなど「人の命」が関わる大切な事なのになぜ日本は法律や基準を定めないんでしょうね

車での交通事故死をなくすために車は進化し新たに基準が定められ

道路交通法なども昔と比べると厳しく変わってきました

しっかりと国が「人の命」の問題に向き合ったからですね

昔と思うとだいぶ変わっていますよね!

シートベルトをせずに運転したり飲酒運転も当たり前にしていた時代も過去にはあったと思います

今では絶対に許されませんよね💦

電話なども画面見るだけでも捕まる厳しい時代になってきました

時代に合わせて国が動いたからですね!

車が進化し道路交通法が変わり警察が取り締まる

このおかげでたくさんの命が助かっていると思います!

住宅性能などに関しても結局国が動かないと何も変わらないのかもしれません

ここまで無法地帯になっている現状にメスを入れるのは簡単なことではないと思いますが一刻も早く国が動いてくれることを願います…

モデルハウス見学で体感してください!

またまた長くなってしまいすいません💦

読んでいただきありがとうございます!

そして私が言いたいのは

一人でも多くの方に暖かい家で健康に快適な生活をして頂きたい!!!

という事です!!

C値だのUA値だの難しい事のように感じるかもしれませんが

これは体感してもらったら分かる事だと思います!

「普通の家」との違いを✨

寒くなってきたこの季節が絶好の機会です!

モデルハウスで暖かい家を体感してください♪

完全予約制です!

ご希望の日時をその他の欄にご記入ください(*^^*)

モデルハウス見学予約はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社匠建/スマイラス匠建

住所:岐阜県美濃加茂市加茂野町稲辺1357-3

TEL:0574-28-2286

広報 有本佳世

関連記事一覧

【無料】家づくりまるわかりセット

美濃加茂で注文住宅なら匠建

資料請求はこちらから